国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 33 ヘルプ

タイトル: 表現の道具としてのコンピュータを通した幼児教育の可能性
副題: 平成8年〜平成10年度科学研究補助金(萌芽的研究)研究成果報告書
著者: 倉戸直美
所属: 浪速短期大学
データ存在URL:

所在情報:

お茶の水女子大学子ども発達教育研究センター

データファイル:
対象国:
データの言語: 日本語
キーワード: 表現 コンピュータ 幼児用ソフトウェア
要旨:

1.幼児とコンピュータの関係について 
2.幼児のマウス操作の認知構造の変化 
3.幼児はいかにコンピュータを操作するか
 -幼児用ソフトウェアーの使用頻度と操作時間の分析- 
4.保育環境におけるコンピュータ利用とソフトウェア開発
 -幼稚園での実践を通して- 
5.幼児のコンピュータ操作場面における人間関係
 -ソフトウェアーによる遊び方の特色と会話- 
6.コンピュータ遊びと人間関係-保育室内にコンピュータを設置した場合-
7.コンピュータ操作とパーソナリティ
 -フラストレーション・いわゆる「キレル」という行動の心理的分析- 
8.幼児教育者のコンピュータ教育に対する意識とその実践状況 
9.保育者養成におけるコンピュータ教育 

著者のHP:  
作成出版日時: /
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 幼児教育
初期登録日時: 2004/03/24 21:45
最終更新日時: 2004/03/24 21:45
アクセス数: 2973(登録以来),  184(過去12ヶ月),  70(過去6ヶ月)
過去12ヶ月:
 
<< 戻る
この情報についてのメッセージを送る

この情報はお役に立ちましたか?

コメント: