国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 1971 ヘルプ

タイトル: ベナンの風に吹かれて
副題:
著者: 山崎 有美
所属: 宇都宮市立泉が丘中学校
データ存在URL:

所在情報:

データファイル: 山崎(発表資料).pdf
山崎(発表資料).pdf ( 3M )
対象国: アフリカ-ベナン
データの言語: 日本語
キーワード: 自分らしくいきる・・・ ベナン 青少年活動
要旨:

教員という立場ではなく、違った立場で現地の人たちと関わってみたいと考え、青少年活動という職種を選びました。「学校に通えない子供たちを何とかしたい!」そんな思いを抱いてアフリカへ…。しかし、実際現地に行ってその考えの甘さを思い知らされました。結局、一番活躍できたのが学校での活動。そして、一番役に立ったのがやはり教員として自然に身につけていたノウハウ。私の元気の源は子供たちの笑顔でした。たくさんの笑顔に支えられて何とか乗り切れました。終わって見れば、あっという間。でも、現地にいる時は悩んでばかり。こんなにあれこれ考えたことは今までにありませんでした。(というより、日本ではこんなにあれこれ考える時間がもてない!?)こんなに思ったことを実行に移すことは今までにありませんでした。(日本では、私がやらなくても誰かがやってくれた!?)
 現地の人と同じ家に住み、現地の人と同じ生活をする。そんな当たり前のことがいかに大変なことなのか実感しました。日の出とともに起き、よく食べ、よく寝、よく遊ぶ。そして、日没とともに一日を終える…。うれしければ笑い、悲しければ泣く。日本にいるときよりも人間らしく生きた2年間でした。
自分に何ができたのか?それでよかったのか?その答えはまだ見つかっていませんが、私にとっては、忘れられない最高の2年間でした。そして、現場に戻った今、これからが私にとって本当の意味での活動のスタートです。

著者のHP:  
作成出版日時: 2010/12
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 青年海外協力隊支援
初期登録日時: 2011/02/03 10:27
最終更新日時: 2011/02/03 10:27
アクセス数: 748(登録以来),  115(過去12ヶ月),  58(過去6ヶ月)
過去12ヶ月:
 
<< 戻る