国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 1938 ヘルプ

タイトル: 産学連携による開発途上国の大学工学部の機能強化
副題:
著者: 木内 行雄
所属: 国立大学法人 豊橋技術科学大学 工学教育国際協力研究センター
データ存在URL:

所在情報:

データファイル: H21
H21 国際協力イニシアティブ総括報告書.pdf ( 41M )
MEXT
MEXT International Cooperation Initiative Broucher .doc ( 5M )
対象国: アジア-スリランカ
データの言語: 日本語
キーワード: 産学連携 工学教育国際協力 工学部 機能強化 スリランカ 高等教育 モロツア大学 工学教育国際協力研究センター(ICCEED) Sri Lanka Moratuwa
要旨:

国立大学法人豊橋技術科学大学、工学教育国際協力研究センター(ICCEED)は、この教育協力拠点形成事業により「産学連携による開発途上国の大学工学部の機能強化」をテーマとするプロジェクトを平成19年度、20年度および21年度の3会計年度に亘り実施してきた。このプロジェクトでは、開発途上国の工学系大学の教育研究能力の向上および社会貢献の促進を図る手段として産学連携を取り上げ、そのモデル事業を、スリランカ民主社会主義共和国のモロツワ大学で実施し、得られた経験に基づき、開発途上国の工学系大学における産学連携推進のための一つのモデルを提供することを目的とした。産学連携を推進することは、連携を行う大学の教育研究及び社会貢献のみならず、国の社会経済発展にもつながる一つの方法であると考えている。  
 この中で、産学連携に携わる当事者の理解や認識の構築、産学連携組織や制度の整備と運営、産学連携コーディネータの養成、産業界のニーズと大学の有するシーズを整合させる仕組み、研究資金の循環システムなど、幾つかの新しい試みを実施し検証しながら、事業をすすめることができた。
 本報告書は3年間に亘る事業活動をまとめたものである。

著者のHP: http://icceed.tut.ac.jp/initiative/  
作成出版日時: 2010/3
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 工学部の機能
初期登録日時: 2010/08/04 16:45
最終更新日時: 2010/08/04 16:45
アクセス数: 1722(登録以来),  288(過去12ヶ月),  151(過去6ヶ月)
過去12ヶ月:
 
<< 戻る