国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 898 ヘルプ

タイトル: 教育・学習教材分析 (ユネスコ)
副題:
著者: 田中里奈
所属: 早稲田大学大学院日本語教育研究科
データ存在URL:

所在情報:

データファイル: 14章 田中里奈.pdf
14章 田中里奈.pdf ( 216K )
対象国:
データの言語: 日本語
キーワード: ユネスコ 学習教材
要旨:

途上国においては、教科書やその他の教材・教具の重要性は認識されつつも、不足しているか、または、他の生徒と共有しているというのが現状である。完全に不足している状況だからこそ、インプットとして費用効果が高いと見こまれているのかもしれないが、いずれにしても、教材・教具というのは、教師の言動と同様、授業を受ける学習者へと直接的な影響をもたらし、教育の成果を大きく作用するものである。したがって、学習者に提示する教材・教具をいかに分析・選択し、また、新たな教材を作成・評価・再検討するのか、さらには、それらの教材・教具をいかに配布・保管するのか、というテーマはとても重要であり、それは、教育全体の質の向上と量の拡大の議論にも関係してくる重要な視点である。
 本稿では、国連教育科学文化機関(UNESCO)が非政府組織(Non –Governmental Organization、以下、NGO)に対して行っている基礎教育における能力構築プロジェクト(Capacity Building Project) において、どのような取り組みが行われているのかを明らかにする。そのプロジェクトにおいて提示されているTeaching and Learning Materials Analysis and Development in Basic Educationのドキュメントのレビューをすることを第一の目的とし、そのレビューの後、筆者の分析観点から上記の文献全体、UNESCOの能力構築プロジェクト全般に対する批判的考察を行う。

著者のHP:  
作成出版日時: 2004/
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 教育セクター分析
初期登録日時: 2005/03/14 14:10
最終更新日時: 2005/05/02 15:14
アクセス数: 2213(登録以来),  145(過去12ヶ月),  78(過去6ヶ月)
過去12ヶ月:
 
<< 戻る