国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 1983 ヘルプ

タイトル: 「幼児教育ハンドブック」
副題:
著者: 浜野 隆
所属: お茶の水女子大学
データ存在URL:

http://www.ocha.ac.jp/intl/cwed_old/eccd/handbook.html

所在情報:

データファイル: 幼児教育ハンドブック.pdf
幼児教育ハンドブック.pdf ( 4M )
対象国:
データの言語: 日本語
キーワード:
要旨:

本書は、日本の幼児教育の成果を1冊で概観出来るようにして、他の国々で幼児教育を進める際の参考資料とするためにまとめたものである。特に、十分に幼児教育が普及していない地域でいかにして幼児教育を可能にしていくか、また幼児教育がすでに始まっている地域でいかにしてその質を高めていくかという観点から情報を収集し、編集した。第1部では、日本の幼児教育の質の高さを、それを支える実践研究の質量の豊かさに求め、その解説を行った。第2部では、実際の幼児教育の遂行に必要な情報を具体的な実践例を通して提示した。第3部では、特に、幼児教育をこれから普及させていこうとする国においていかなる点に注意したらよいかのいくつかの留意点を述べた。特に、第2部と第3部は幼児教育場面の写真を説明とともに提示したので、理解しやすいであろう。実践に携わる人はまず第2部を読むことが有用であろう。理論的な関心のある方は第1部も並行して読んでほしい。
なお、本書の記述は、日本の幼児教育の成果なので、当然ながら、日本の文化の彩りを強く持っている。その内容は、決してそのまま他の国で実行してほしいという意味で述べているのではなく、その趣旨を理解して、同じような意味合いを持っている活動を自国の文化の中に探して、趣旨が生きるようにしてほしいというためのものである。創造的な応用こそ我々の望むところである。
本書の執筆は、文部科学省による委嘱事業「幼児教育に関する途上国協力強化のための拠点システム構築」の一環として行われた。また、出版にあたって、「特定非営利活動法人お茶の水学術事業会」の援助を受けた。お茶の水女子大学子ども発達教育研究センターの中の「ハンドブック編集委員」が中心になり、多くの人の協力を得て進めた。巻末にその名前を記したが、感謝申し上げる。本書の内容等に質問のある方は、本センターの方に問い合わせをお願いする次第である。 「幼児教育ハンドブック」編集委員会
(お茶の水女子大学子ども発達教育研究センター)
お茶の水女子大学子ども発達教育研究センター
『幼児教育ハンドブック』

著者のHP:  
作成出版日時: 2004/
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 幼児教育
初期登録日時: 2011/06/06 14:48
最終更新日時: 2011/06/06 15:00