国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 1962 ヘルプ

タイトル: アジア・太平洋経済協力(APEC)人材養成部門(HRDWG)プロジェクト 「授業研究による算数・数学教育の革新」のこれまで、現在、未来
副題:
著者: 礒田 正美 (Masami ISODA)
所属: 筑波大学教育開発国際協力研究センター (CRICED, university of Tsukuba)
データ存在URL:

http://www.criced.tsukuba.ac.jp/math/apec/

所在情報:

平成21年度文部科学省委託研究「APEC等国際的なネットワークにおける教育協力に関する調査研究事業」(代表者渡辺良)成果報告書所収

データファイル: apec_rep.pdf
apec_rep.pdf ( 2M )
対象国:
データの言語: 日本語
キーワード: APEC, 授業研究, Lesson Srudy,
要旨:

授業研究とは、教材研究・授業公開・協議会を通して教師集団が実施する授業改善方法であり、新しい指導法や教材を提案し、集団で共有する教育の質改善への方法論である。アジア・太平洋経済協力(APEC)人材養成部門(HRDWG)教育ネットワーク(EduNET)プロジェクト「授業研究による算数・数学教育の革新」(2006‐ )は、APEC 教育大臣会合の主要方針「数学・理科教育の振興」に応えるべく日本政府・タイ政府の共同提案によって実施されている。プロジェクトの主題は、教育の質の改善手法として世界的に共有され実施される日本型授業研究を、算数・数学教育において実施することを通して、APEC 域内の算数・数学教育の質を改善するとともに、算数・数学教育をモデルに教育の質の改善手法としての「授業研究」を域内に広く普及しようとするものである。
本プロジェクトは、2008 年1月の西安会議、2009 年6 月のシカゴ会議などでAPEC、HRDWG のモデルプロジェクトとして高く評価されている。以下では、まずプロジェクトの活動内容、評価内容を記す。次に、プロジェクトの内容である日本型授業研究が求められる背景を記す。最後に、本プロジェクトの結果なされた授業研究における各国の台頭に対する本プロジェクトの現在及び新規プロジェクト提案にかかる今後の展望を記す。


At the third APEC Education Ministerial Meeting held on 29-30 April 2004 in Santiago, the ministers defined the four priority areas for future network activities. “Stimulating Learning in Mathematics and Science” is one of the four priority area. Based on this priority, the APEC project “A Collaborative study on innovations for teaching and learning mathematics in different cultures among the APEC Member Economies” was approved by APEC Member Economies in August 2005. The project is managed by the Center for Research in Mathematics Education (CRME) in Khon Kaen University and the Center for Research on International Cooperation in Educational Development (CRICED) in University of Tsukuba.

The project aims at: 1) to collaboratively develop innovations on teaching and learning mathematics in different cultures of the APEC Member Economies, and 2) to develop collaborative framework involving mathematics education among the APEC Member Economies. For these aims, the project focuses on the good practices in school classroom
and ways of professional development such as the Lesson Study in each Member Economies. As the goal of project, we would like to publish the report (or book) with CD-roms including good teaching practices of participated economies and models of good practices which enable to use for the innovation of mathematics education in APEC economies and the world.

著者のHP: http://math-info.criced.tsukuba.ac.jp  
作成出版日時: 2010/2
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 算数・数学教育
初期登録日時: