国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 1842 ヘルプ

タイトル: 乾燥地有用食品素材の高度加工による地域発展モデルの構築
副題:
著者: 柏木 健一
所属: 筑波大学北アフリカ研究センター
データ存在URL:

所在情報:

データファイル: 課題概要フォーム(筑波大学 柏木)修正版.pdf
課題概要フォーム(筑波大学 柏木)修正版.pdf ( 616K )
成果物概要(筑波大学 柏木).pdf
成果物概要(筑波大学 柏木).pdf ( 324K )
対象国: アフリカ-チュニジア
データの言語: 日本語
キーワード: 食品加工 バイオアッセイ 乾燥地有用食品素材 地域発展モデル
要旨:

平成19年度国際協力イニシアティブ事業により、筑波大学北アフリカ研究センターでは、バイオアッセイ(生理活性機能性評価法)技術を用い、北アフリカ原産の植物や食品素材の機能性を解析し、医療、薬用、機能性食品等の産業化シーズを発掘する技術をチュニジアの高等教育機関に移転する教育事業を展開した。本事業はその次段階として、日本の高度食品加工・流通技術を様々な機能性を持つチュニジア原産の食品素材に適用することで、その有効利用技術体系を確立し、地域発展モデルの構築を目指す。同モデル構築に向けて、チュニジアの産業化や産業競争力強化の将来を担う産学連携研究・活動に大きな関心を持つ学生、若手研究者、技術者を対象にした英文テキスト(Advanced Processing of Useful Food Material for the Establishment of a Regional Development Model in Arid Areas)を開発した。

著者のHP:  
作成出版日時: 2009/3
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 乾燥地食品
初期登録日時: 2009/07/06 12:45
最終更新日時: 2009/07/06 12:45
アクセス数: 2134(登録以来),  122(過去12ヶ月),  56(過去6ヶ月)
過去12ヶ月:
 
<< 戻る
この情報についてのメッセージを送る

この情報はお役に立ちましたか?