国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 1607 ヘルプ

タイトル: 双曲線の作図器1(『幾何学』)
副題:
著者: 礒田正美・新木伸次・今村幸永・石川智史・森本貴彦
所属: 筑波大学修士課程教育研究科
データ存在URL:

http://math-info.criced.tsukuba.ac.jp/museum/Mathematics_tools/index.htm

所在情報:

「道具にみる数学文化展示室」内
http://math-info.criced.tsukuba.ac.jp/museum/Mathematics_tools/geometrie_hyperbola/geometrie_hyperbola.htm

データファイル:
対象国:
データの言語: 日本語
キーワード: 三角形 相似 曲線
要旨:

デカルトは幾何学で扱う対象を定木とコンパスで作図されるものに限らず、道具によって作図される曲線も含めることを提案した。幾何学と代数学を統合しようとしたデカルトにとっては、道具によって描かれる曲線全てが考察の対象にできたからである。双曲線作図器によって描かれる曲線は、デカルトが曲線を方程式に表す例を与える際に用いられている。

著者のHP:  
作成出版日時: /
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 算数・数学教育
初期登録日時: 2008/07/16 13:13
最終更新日時: 2008/07/16 13:47
アクセス数: 1558(登録以来),  126(過去12ヶ月),  76(過去6ヶ月)
過去12ヶ月:
 
<< 戻る
この情報についてのメッセージを送る

この情報はお役に立ちましたか?

コメント: