国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 16 ヘルプ

タイトル: できごとの協同形成過程における幼児の造形的行為の認知的・社会的役割に関する研究
副題: 平成12年度〜平成13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書
著者: 松本 健義
所属: 上越教育大学学校教育学部
データ存在URL:

所在情報:

お茶の水女子大学子ども発達教育研究センター

データファイル:
対象国:
データの言語: 日本語
キーワード: 造形的行為 遊び
要旨:

序 本研究の目的及び方法と研究の基本的枠組み
 Ⅰ.幼児の遊びのできごとと遊びの道具の生成過程
 Ⅱ.造形行為とコミュニケーションによる意味の共同形成の成立過程
 Ⅲ.幼児の遊びのできごととかいて表すことの相互的関係
 Ⅳ.造形的行為をともなう他者との相互的遊びにおける幼児の<私>の成立
 Ⅴ.幼児がつくり出す過程と他者との関わりについて
 Ⅵ.幼児の表現のなりたちの変容過程と他者と共に生きること
 Ⅶ.幼児の遊びの成り立ちをつくる保育者の関わり
-他者との造形的な遊びの場面を通して-
 Ⅷ.幼児がつくる遊びのできごとの場
 Ⅸ.子どもの学びのなりたちと場を生成する行為
 Ⅹ.幼児の遊びのできごとの協同形成過程における幼児の造形的行為の
認知的・社会的役割 

著者のHP:  
作成出版日時: 2002/3
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 幼児教育
初期登録日時: 2004/03/24 17:30
最終更新日時: 2004/03/24 17:30
アクセス数: 2994(登録以来),  210(過去12ヶ月),  80(過去6ヶ月)
過去12ヶ月:
 
<< 戻る
この情報についてのメッセージを送る

この情報はお役に立ちましたか?

コメント: