国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 1582 ヘルプ

タイトル: 第4回日本・インドネシア国際協働授業研究会(チパガンティ知的障害養護学校の拠点校としての取り組み・インドネシアにおける2007年「特別支援教育における評価の指針」の構成と内容)
副題: 途上国における特別支援教育開発の国際協力に関する研究
著者: 1)柿山哲治 2)河合康
所属: 1)活水女子大学健康生活学部准教授 2)上越教育大学学校教育学部准教授
データ存在URL:

所在情報:

平成19年度科学研究費補助金[基盤研究(A)]研究成果報告書(課題番号17252010)「途上国における特別支援教育開発の国際協力に関する研究」においてインドネシア、ウズベキスタンとモンゴルにおいて実施した研究および視察報告をした。これはその一部(P.157-186)である。

データファイル: チパガンティ知的障害養護学校の拠点としての取組・インドネシアにおける2007年「特別支援教育における評価
チパガンティ知的障害養護学校の拠点としての取組・インドネシアにおける2007年「特別支援教育における 評価 ( 434K )
対象国: アジア-インドネシア
データの言語: 日本語
キーワード: インドネシア、特別支援教育、知的障害、授業研究、
要旨:

本報告書は、平成19年度に実施した第4回日本・インドネシア国際協働授業研究会の報告である。研究会では拠点校であるチパガンティ知的障害養護学校の取り組みの視察と、今後の教育協力の方向性を考える上での基礎資料を得ることをねらいとして、インドネシアにおける2007年「特別支援教育における評価の指針の検討もおこなった。

著者のHP:  
作成出版日時: 2008/2
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 障害児教育
初期登録日時: 2008/04/24 15:00
最終更新日時: 2008/04/24 15:00
アクセス数: 1688(登録以来),  112(過去12ヶ月),  69(過去6ヶ月)
過去12ヶ月:
 
<< 戻る
この情報についてのメッセージを送る

この情報はお役に立ちましたか?