国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 1065 ヘルプ

タイトル: ケニアにおけるオープンエンドアプローチに基づく算数・数学科の授業展開
副題:
著者: 馬場卓也
所属: 広島大学大学院国際協力研究
データ存在URL:

所在情報:

データファイル: baba2003.pdf
baba2003.pdf ( 16K )
対象国:
データの言語: 日本語
キーワード: 数学教育 教育協力 オープンエンドアプローチ 教員研修
要旨:

本研究は,ケニア中等理数科教育強化(SMASSE)プロジェクトで実施された教員研修に着目し,研修の一つの柱であるオープンエンドアプローチに関する事例研究を行う。そのアプローチは,授業レベルでの影響を与えていること、ケニアの教育事情に応じる形で変容を遂げつつあること,が明らかになった。
本資料は,平成15年に金沢工業大学で行われた日本科学教育学会第27回年会の課題研究『数学教育における日本の協力経験共有化へのパースペクティブ』において用いられた発表資料である。

著者のHP:  
作成出版日時: 2003/7
関連プロジェクト: ケニアSMASSEプロジェクト
情報登録課題名: 算数・数学教育
初期登録日時: 2005/04/21 15:18
最終更新日時: 2005/04/21 15:32
アクセス数: 2287(登録以来),  100(過去12ヶ月),  55(過去6ヶ月)
過去12ヶ月:
 
<< 戻る
この情報についてのメッセージを送る

この情報はお役に立ちましたか?

コメント: