国際教育協力アーカイブス

  • 利用規約
  • 利用方法
  • データ登録
  • Japanese
  • English
CRICED
検索ボックス
詳細キーワード検索はこちら

情報番号 1020 ヘルプ

タイトル: 各学校の算数・数学教育課程はどのように編成され、どのように実施されるのか?
副題:
著者: 吉川成夫
所属: 文部科学省・初等中等教育局教育課程課
データ存在URL:

http://www.worldscibooks.com/mathematics/6339.html

所在情報:

データファイル: yoshikawa.pdf
yoshikawa.pdf ( 127K )
対象国:
データの言語: 日本語
キーワード:
要旨:

教育課程の編成と実施は、学校毎の校内組織で推進され、授業研究を通して改善され、フィードバックされていく。校長は、教育課程の基準である学習指導要領ならびに関連法規に基づき学校としての教育課程を編成する職責を持ち、各学校では、校長の指示のもと年度当初に年間指導計画と時間割を作成する。算数・数学科の教育課程は、教室を担当する教員によって年間指導計画として作成され、実施される。年度当初には、各学校では、年間指導計画と同時に行事計画、職員の研修計画、そして、各学級の時間割と教員組織としての時間割が設けられる。

本稿は、清水静海・礒田正美・大久保和義・馬場卓也 監修『図で見る日本の算数・数学授業研究』(明治図書, 2005)に収録されています。

著者のHP:  
作成出版日時: 2005/3
関連プロジェクト:
情報登録課題名: 算数・数学教育
初期登録日時: 2005/04/07 11:12
最終更新日時: 2007/09/10 14:46
アクセス数: 2571(登録以来),  137(過去12ヶ月),  64(過去6ヶ月)
過去12ヶ月:
 
<< 戻る
この情報についてのメッセージを送る

この情報はお役に立ちましたか?

コメント: